役が同じ場合は引き分け?ポーカーが引き分けな場合の役を徹底解説

ポーカーはカジノの中でも役が多く遊ぶのに難しいゲームになります。また役が同じ場合は勝敗を決めるに細かなルールが存在します。

ほとんど引き分けが起きないポーカー。ただ稀にマークや数が偶然にも揃った場合には引き分けになる場合があります。細かなルールになりますがしっかり把握して行きましょう。

引き分けの場合

ディーラーとプレイヤーの役が一緒の場合、役ごとによって勝敗の決め方が異なります。

下記にそれぞれの勝敗の決め方をまとめておりますので参考にしてください。

勝敗
ファイブカード 4枚揃っているカードの数字が大きい方の勝ち
ロイヤルストレートフラッシュ マークの強い方の勝ち(スペード→ハート→ダイヤ→クラブ)
ストレートフラッシュ マークの強い方の勝ち(スペード→ハート→ダイヤ→クラブ)
フォーカード 4枚揃っているカードの数字が大きい方の勝ち
フルハウス 3枚揃っているカードの数字が大きい方の勝ち
フラッシュ マークの強い方の勝ち(スペード→ハート→ダイヤ→クラブ)
ストレート 連番の数字が大きい方の勝ち
スリーカード 3枚揃っているカードの数字が大きい方の勝ち
ツーペア 大きいペアの数字が大きい方の勝ち
ワンペア ペアの数字が大きい方の勝ち
ノーペア 5枚のうち一番大きいカードを比べ、大きい方の勝ち

尚、上記でも勝敗が決まらない場合がございます。その場合の細かな場合は引き分けになるか、より詳細なルールがございます。

下記に役ごとに詳細をみて行きましょう。

ファイブカード

数字まで同じなった時にはジョーカーの少ない方が勝ちになります。また、それでも勝敗が決まらなかった場合はいちばん強いマークを持っている方が勝ちになります。

仮にそれでも決まらなければ勝負は引き分けになります。

ロイヤルストレートフラッシュ

冒頭でも伝えましたが、マークの強い方が勝ちになります。

仮に2組以上のトランプを利用し、ジョーカーを5枚以上入れており、マークまでもが同じの場合は、A(エース)がジョーカ出ない場合勝ちになります。またそれでも決まらない場合はジョーカーの少ない方が勝ちになります。

もしそれでも決まらなければ勝負は引き分けになります。

ストレートフラッシュ

冒頭でも伝えましたが、マークの強い方が勝ちになります。

マークも仮に同じな場合は数が大きい方が勝ちになります。具体的に言うと、A・2・3・4・5が一番弱く、9・10・J・Q・Kが一番強いです。

仮にトランプを2組以上入れており、ジョーカーが5枚以上入れており、数の並びまで一緒になった場合は、ジョーカーの少ない方が勝ちになります。

もしそれでも決まらなければ勝負は引き分けになります。

フォーカード

通常4枚揃っているカードの数が大きい方が勝ちになります。

トランプを2組以上入れていたり、ジョーカーを4枚以上入れ、仮に数字が同じになった場合はジョーカーが少ない方が勝ちになります。

それでも勝敗が決まらなければ、いちばん強いマークの勝ちです。

それでも決まらない場合は引き分けになります。

フルハウス

通常3枚揃ってる数の大きい方が勝ちになります。

ジョーカーを2枚以上入れていて、3枚揃っている数が同じ場合はジョーカーの数が少ない方が勝ちになります。

仮にジョーカーの数も一緒な場合は、3枚揃っているカードの一番強いマークを持っている方が勝ちになります。

フラッシュ

通常フラッシュ同士ならマークの強い方が勝ちになります。

仮にマークが一緒でジョーカーがある場合は、ジョーカーがない方が勝ちになります。

それでも決まらない場合はいちばん強い数字どうしで比べて強い方が勝ちます。

ストレート

通常なら連番の数字が強い方が勝ちになります。

仮に連番が一緒なら、一番大きい数字のマークが強い方が勝ちになります。

仮にジョーカーを2枚以上決めており、いちばん大きなカードがジョーカー同士なら、次に大きな数字のマークが強い方が勝ちになります。

スリーカード

通常、スリーカード同士の場合、数字の大きい方が勝ちになります。

仮にジョーカーを2枚以上入れており、3枚揃ってる数が一緒の場合はジョーカーの数が少ない方が勝ちます。

仮にジョーカーの数も同じ場合は、3枚揃っているカードの中でいちばん強いマークがある方が勝ちになります。

ツーペア

ツーペア同士なら、通常強い方のペアが強い方が勝ちます。

また強い方のペアが同じなら弱い方のペアが強い方が勝ちになります。

仮に弱い方のペアも同じなら、強い方のペアで一番強いマークをもっている方の勝ちになります。

さらに、強い方のペアが同じ数で一方にジョーカーが入っている場合はジョーカー入りの方が負けになります。

ワンペア

ワンペア同士なら、ペアの数字が強い方が勝ちになります。

仮に数字も同じなら一番強いマークをもっている方が勝ちになります。

また、ワンペア同士で同じ数字で、一方がジョーカー入りの場合はジョーカーが入っている方が負けになります。

ノーペア

ノーペア同士なら5枚のうち一番強いカードを比べて勝敗を決めます。