世界には5種類のポーカーが存在する!?それぞれの詳細と遊び方

カジノの中でも人気のポーカー。そんなポーカーですが世界中には様々な種類のポーカーが存在します。こちらの記事では世界中でも有名な5種類のポーカーをご紹介します。

ドロー・ポーカー(Draw Poker)

プレイヤー各自に5枚配られたら、最初のベットが行われます。その後プレイヤーが好きな枚数を交換して、2回目のベットが行われ、勝負になります。

一回以上手札の交換を行われないことが特徴になります。

ファイブ・カード・スタッド・ポーカー (Five Card Stud Poker)

最初に裏向きのカードと表向きのカードの2枚が配られ最初のベットが行われます。

続いて1枚表向きのカードを各自に配り、2回目のベットが行われます。

更にもう一枚表向きのカードを各自に配り、3回目のベットが行われます。

最後に一枚表向きのカードを各自に配り、4回目のベットで勝負を行われます。

一度も手札を交換しないのも特徴の一つです。

セブン・カード・スタッド・ポーカー (Seven Card Stud Poker)

最初にプレイヤーの元に、2枚裏のカードと1枚表のカード、計3枚のカードが配られ最初のベットが行われます。

続いて、1枚表向きのカードが各プレイヤーに配られ、第2のベットが行います。

更にもう1枚表向きのカードが各プレイヤーに配られ、第3のベットが行います。

第2,3と同様に第4のベットも行います。

最後に1枚裏面のカードを各自に配り第5のベットを行い、プレイヤーに配られた合計7枚のカードの中から5枚選択して勝負になります。

テキサス・ホールデム (Texas Hold’em)

最初に各プレイヤー毎に2枚ずつカードが配られ、1回目のベットが行われます。

次にテーブルの中央に、全てのプレイヤー共通のカードが3枚表に置かれ2回目のビットが行われます。

続いてテーブルの中央に、4枚目のカードが表向きにされ、3回目のビットが行われます。

3回目のビットと同じく、テーブル中央に5枚目のカードが表向きにされ、4回目のビットが行われ、各プレイヤーの手札2枚と中央に表向きになった5枚、計7枚のカードの中から5枚を選んで勝負になります。

オマハ (Omaha)

ゲームの流れは上記で紹介しましたテキサス・ホールデムと同じになりますが異なる箇所を下記に紹介します。

最初に各プレイヤーに手札として4枚配られます。

また最後に勝負の際には、テーブルの中央に置かれた共通カード5枚のうち3枚、最初に手札として配られた

ホールデムと基本は同じ。ただし最初に手札として4枚配られる。ホールデムと違うのは、場の5枚のうち3枚、手札の4枚のうち2枚を必ず使わなければいけないこと。