ポーカーの「レイズ」とは?賭金(ベット)を引き上げる際のアクション

カジノと言ったらポーカーを想像する方も多いと思います。それほど世界でも有名なカードゲームですが実は大変奥深いルールがあります。しっかり把握しないと勝てるゲームでも負けてしまう可能性は十分にあります。こちらの記事ではそんなポーカーのアクションの一つである「レイズ」を紹介します。

ポーカーのアクション「レイズ」

レイズとはプレイヤーがベットした額よりも上乗せしてベットすることで、テーブルにおける賭金を釣り上げるアクションのことをさします。他のプレイヤーと同じ賭金をビットする「コール」とは異なり強気なアクションと言われます。

レイズにおける賭金は最小限の金額(ミニマムレイズ)が決まっています。その最低金額は一般的には直前のベット金額+直前の上乗せ金額と決まっております。

具体的に説明します。仮にテーブルに4人プレイヤーがいて、あなたが3人目とします。

1番目の人が10ドルビットして、2番目の人が「レイズ」して20ドルビットしたとします。この場合のあなたのミニマムレイズは、直前のビット金額(20ドル)に直前の上乗せ金額(10ドル)を足して30ドルになります。

さらに4番目の人があなたのビットに対してさらに「レイズ」を行なった場合のミニマムレイズは、直前のビット金額(30ドル)に直前の上乗せ金額(10ドル)を足して40ドルになります。

冒頭でもお伝えしましたが強気なアクションになります。ハンドが良い時に実際に利用してみましょう。

その他のポーカーのアクション

一般的にポーカーは下記6つのアクションがメインになります。

ポーカー6つのアクション

  1. ベット:最初に賭金を置く
  2. コール:ゲームに参加する
  3. レイズ:賭金をあげる
  4. ドロップ:ゲームを降りる
  5. チェック:賭金をせずパスする
  6. オールイン:全財産を賭ける

こちらの記事では「レイズ」を紹介しましたが、その他のアクションを参考にしたい場合は下記を参考にしてください。