ポーカーの「チェック」とは?賭金をせずにパスする際に必要なアクション

カジノゲームで有名なポーカー。心理的にその他のプレイヤーと争い、ブラックジャックやルーレットのような運的要素は比較的少ないゲームと言えます。その分ルールを把握せずに勝負にいけばその分負ける可能性が高くなるので注意をしましょう。こちらの記事ではそんなポーカーのアクション「チェック」についてご説明します。

ポーカーのアクション「チェック」

チェックとは賭金を1ドルもせずにパスするアクションを指します。他のプレイヤーの様子を見たい時に利用します。ここで気をつけなければいけないのがそのゲームから降りる「ドロップ」とは大きく異なり、今はまだ賭けないという姿勢になります。

イメージ付きやすいように具体的に説明します。仮にテーブルに4人プレイヤーがいて、あなたが3人目とします。

手札をテーブルの上に表向き置いたあなたのアクションは「ドロップ」になります。(フォールドやダウンとも言います)

それに対し下記のように「チェック」は手札のカードを表向きに置かずにパスするアクションになります。

弱気なアクションと言われます。ただプレイヤーによっては強い手札があるが、あえてその他のプレイヤーに賭金を出してもらいたいがために、チェックする場合もありますので注意が必要です。

その他のポーカーのアクション

一般的にポーカーは下記6つのアクションがメインになります。

ポーカー6つのアクション

  1. ベット:最初に賭金を置く
  2. コール:ゲームに参加する
  3. レイズ:賭金をあげる
  4. ドロップ:ゲームを降りる
  5. チェック:賭金をせずパスする
  6. オールイン:全財産を賭ける

こちらの記事では「チェック」を紹介しましたが、その他のアクションを参考にしたい場合は下記を参考にしてください。