あなたのサインは通じる?ブラックジャックで必要な6つのジェスチャー

カジノの顔とも言えるブラックジャック。初めてカジノに挑戦されるでブラックジャックを選ぶ方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事ではカジノのゲームで、有名かつ人気のあるブラックジャックであなたがするべきジェスチャー(サイン)を説明します。

6つのジェスチャー(サイン)

ブラックジャックのゲームを行う上で下記6つのジェスチャー(サイン)を覚えておきましょう。

6つのジェスチャー(サイン)

  1. HIT(ヒット)
  2. STAND(スタンド)
  3. SPLIT(スプリット)
  4. DOUBLE DOWN(ダブルダウン)
  5. INSURANCE(インシュアランス)
  6. PASS(パス)
  7. SURRENDER(サレンダー)

ではそれぞれの詳細をみて行きましょう。

HIT(ヒット)

手札のカードを更に引くことを意味します。

サインは口頭で「HIT(ヒット)」と言うか、テーブルを手で軽く2,3回叩くかになります。

STAND(スタンド)

それ以上カードを引かないで、ディーラーとの勝負に出ることを意味します。

サインは「Stand(スタンド)」「Stay(スティ)」「No more(ノーモアー)」と言うか、

テーブルに手のひらを向け、左右に振るかになります。

SPLIT(スプリット)

最初の手札が同じ数字の場合、初めの賭金と同額のチップをかけることにより、最初の2枚のカードを2つに分けてゲームを進行することを「SPLIT(スプリット)」と言います。

またSPLIT 後に10とエースの組み合わせができても「ブラックジャック」にはなりません。

サインは「Split(スプリット)」と言って、初めの賭金と同額のチップをテーブルの上に置きます。

DOUBLE DOWN(ダブルダウン)

最初の手札2枚をみて、初めの賭金と同額を追加で賭けることをDOUBLE DOWN(ダブルダウン)と言います。

DOUBLE DOWNの場合、あと一枚だけカードを引けます。

サインは、「Double(ダブル)」や「Double down(ダブルダウン)」と言って、初めの賭金と同額のチップをテーブルの上に置きます。

INSURANCE(インシュアランス)

ディーラーの初めの表向きのカードがエースだった場合、最大初めにかけたチップの半額までを賭けることを「INSURANCE(インシュアランス)」と言います。

配当は2倍もらえますが、初めの賭金は没収されるので、INSURANCEで勝った場合は良くてもプラスマイナス0になります。

サインは「Insurance(インシュアランス)」と言って、インシュアランスゾーンに置きます。

SURRENDER(サレンダー)

プレイヤーとディーラーに初めに配られた2枚のカードを見て、降参することを「SURRENDER(サレンダー)」と言います。

初めの賭金の半額を失いますが、ゲームを降りることができます。(SURRENDERがないカジノもありますのでご注意ください)

サインは「Surrender(サレンダー)」と言います。