韓国のカジノ年齢制限は何歳!?入場で恥を欠かないための年齢マナー

カジノの入場に関して、どこの施設も年齢制限が設けられています。賭け行為が伴う大人の社交場であるため年齢制限があるのですが、大人の定義は各国によって異なります。お隣の国、韓国における年齢制限は何歳なのでしょうか?旅行前に韓国の年齢制限を確認して、身分証明証を持っていくようにしましょう。

韓国のカジノ

韓国の年齢制限

韓国では、国の法律によって19歳で成人としてみなされます。そのため、韓国のカジノ年齢制限は、19歳以上です。つまり、18歳の方とそれよりも年下の方はカジノをすることができません。日本人が、韓国のカジノに行った時も同じルールが適用されるのでこの点ご留意ください。

ソウルの年齢制限

ソウルのカジノ年齢制限は19歳以上です。つまり、18歳の方とそれよりも年下の方はカジノをすることができません。

釜山の年齢制限

釜山のカジノ年齢制限も19歳以上です。つまり、18歳の方とそれよりも年下の方はカジノをすることができません。

済州島(チェジュ島)の年齢制限

済州島のカジノ年齢制限も19歳以上です。つまり、18歳の方とそれよりも年下の方はカジノをすることができません。

カジノで提示すべき身分証明証

韓国は日本と同じアジアであるため、アジア人だから若くみられることはないですが、マカオなどに比べて入場審査が厳しい傾向にあります。そのため、分証明証はカジノに持参するようにしましょう。

パスポート

日本のパスポート

パスポートが最も確実に身分を証明できるためにオススメです。施設によっては、パスポートのコピーが認められない場合もあるため、原本を持っていく方が安心です。貴重品のため、肌身離さず携帯するようにしましょう。

国際運転免許証

国際免許証

もし国際免許証をお持ちの場合は、国際免許証も入場のセキュリティチェックで利用することができます。日本の運転免許証や保険証の場合、英語の記載がないとセキュリティスタッフが読み取れないために断られる場合があるので注意が必要です。